クウェート国


<スポンサードリンク>
アラビア半島の東の付け根に位置するクウェート。砂漠のなかに浮かび上がったかのようにも見える近代国家の歴史は驚くほど短い。クウェートとはアラビア語で「小さな砦」を意味する。その名どおり、ほんの300年前までは小さな港でしかなかった。この国が発展したのは、石油によるところが大きい。莫大な石油収入を背景に、医療、教育をはじめとする社会の基盤は急激に整備された。クウェートの町を歩けば、近代的なビルと高度な交通網にまず驚かされるだろう。 まるで幻のごとく不自然で危うげな近代都市が、危機に陥ったのが1990年8月に勃発した湾岸戦争だった。そして今回のイラク戦争である。「大悪党フセイン」というイメージをアメリカが退治したといった構図で報道されがちだが、欧米の列強に翻弄され続けたアラブの歴史は「イラクが悪い」とひと言でいいきれるほど簡単ではない。かつて石油の利権を確保するためにアラブ各国の国境線を勝手に線引きしたイギリスやフランスに、そもそも湾岸戦争の原因があることは隠しようのない事実だ。石油をコントロールしたいアメリカにとって、対テロ、イラク国民の解放という大儀を掲げた介入は計算ずくだったと思えなくもない。現在、クウェートの町は、戦争が起きたとは思えないほど復興している。そのもろさの半面、石油に裏づけられた底力は衰えを知らない。
国名 クウェート国
通貨 通貨単位はクウェート・ディナールKD(Kuwait Dinar)とフィルスFils。KD1=1000Fils=404.93円(2007年3月現在)。 紙幣はKD20、KD10、KD5、KD1、500Fils、250Fils。硬貨は100Fils、50Fils、20Fils、10Fils、5Fils。
チップ 特にその習慣はないが、ホテルやレストランでいいサービスを受けたと思ったら払っても構わない。
税金 ホテル宿泊に15%のサービス料金が加算される。
気候 ほかの湾岸諸国と比べるとかなり厳しい。5〜9月にかけての夏は日中の気温が45℃を超え、特に7、8月は50℃を超えることもある。また、7月以降は南東から吹く風が湿気を運んで湿度が80%を超えてしまう。対して11〜3月にかけての冬は、日中の気温が20℃前後と過ごしやすい。ただし、夜は急激に冷え込む。雨は極端に少なく、1月頃軽い雨が降る程度。その代わりに多く見られるのが砂嵐で、暖かく乾燥した風の吹く冬と真夏によく発生する。
時差 日本との時差はマイナス6時間。日本の14:00がクウェートでは同日の8:00となる。サマータイムは実施されていない。
詳細情報 クウェート国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved