カタール国


<スポンサードリンク>
ペルシャ湾の中央に、ニョキニョキと突き出した半島がカタールだ。大きさは秋田県とほぼ同じだが、国土の大部分は平坦な荒野が広がり、半島の南部には白砂の砂丘地帯が広がっている。人口の約8割が集中するという首都ドーハを除けば、点在する町々は閑散とした雰囲気が強く、特に夏の昼間に町を歩くとゴーストタウンのように静か。ときどき道路を駆け抜ける子供たちを見て、「人がいるんだな」と確認できる程度だ。 首都のドーハにしても、白い衣装を着たアラブ人らしき人を見かけることは少なく、実際に町を歩いているのは、インドやパキスタン、イラン、ネパール、フィリピンなどからやってきている出稼ぎの外国人労働者たちだ。涼しくなり始める夕方以降は別だが、地獄のような暑さになる昼間にカタール人たちがどこにいるのかといえば、たいていクーラーの効いた室内か移動中の車の中だろう。 カタールといえば、2006年12月にドーハで行われたアジア大会が記憶に新しい。アラブ諸国初の開催ということで注目を集め、オリンピック並の豪華な施設で繰り広げられた大会は成功に終わった。カタール自身もサッカーで金メダルを獲得するなど目覚しい活躍を見せ、国としての成長ぶりやこれからの可能性を大いに実感された。 実際、近年では観光への取り組みにも非常に力を入れている。ドーハ市内はあちこち工事中で、空前の建設ラッシュだ。観光施設の整備が進められ、高級ホテルやショッピングセンターなどが次々とオープンしている。数年後には、ドーハの町はすっかり様変わりしているかもしれない。 しかし、ひとたび郊外に出かけると、そこにはまだ静寂がある。地元の人々に埋もれて、のんびりしたアラブのテンポで生活することができるだろう。しがらみのない、素直な人間らしさを取り戻すチャンスだ。 新たな可能性と古きよき伝統、そのどちらも味わえるのがカタールの魅力なのだ。
国名 カタール国
通貨 通貨単位はカタール・リヤルQR(Qatar Riyal)とディルハムDh(Dirhams)。QR1=100Dh=32.34円(2007年3月現在)。 紙幣はQR500、QR100、QR50、QR10、QR5、QR1。硬貨は50Dh、25Dh。
チップ チップの習慣はないが、ホテルやレストランでいいサービスを受けたと思ったら払っても構わない。トイレのチップも不要。
税金 ホテルの宿泊に対し、サービス料と税金を合わせた17%が加算される。
気候 国土の大半が砂漠と岩の荒野で雨は非常に少ないが、三方を海に囲まれているため湿度は高く、夏期には気温が45℃を上回ることも。日の出の一撃は非常に強烈で、その後温度はぐんぐん上昇する。たとえ夜でも5分も外にいれば汗びっしょりになる。一方、10〜4 月は比較的過ごしやすい。1月の平均気温は16℃前後と緯度のわりに涼しい。
時差 日本との時差はマイナス6時間。日本の14:00がカタールでは同日の8:00となる。サマータイムは実施されていない。
詳細情報 カタール国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved