オマーン国


<スポンサードリンク>
アラビア半島の南東部を占めるオマーン。アラブ首長国連邦と国境を接する北部は、険しいハジャル山地が海岸線に沿って連なり、ペルシャの支配時代に築かれたファラジュ(灌漑)や地下水を利用した農業が盛んに行われている。7世紀以降、ソハールの港はアラビア半島随一の規模を誇り、ここを拠点としてアフリカから中国の広東にかけて広範囲の交易が行われた。「アラビアン・ナイト(千夜一夜物語)」に語られた船乗りシンドバッドはソハールの港から出港したとされ、海のシルクロードをまたにかけた船乗りたちの伝説は当時のオマーンの隆盛ぶりを今に伝えている。また、南部のサラーラを中心とするドファール地方は、亜熱帯性気候のため、モンスーンなど北部とはまったく違った気候が見られる。特にモンスーンが去ったあとのドファール地方は一面が緑に覆われ、花が咲き乱れる美しさはたとえようもない。 1970年に現在のカブース国王が政権を奪取するまで、保守的な鎖国政策をとってきたオマーンだが、国王の即位と同時に積極的な開国政策を展開している。政治、経済、外交など、あらゆる改革を推進したことにより、オマーンはアラブの監視役としての地位を確立。イエメンの内戦時には積極的に調停に乗り出すなど、中立の立場からアラブを注視している。また、改革の一方で、オマーンは伝統的な文化遺産の保存にも力を入れている。官庁に勤める職員は民族衣装の着用が義務となっているほか、砦や古い住居の遺跡などの保存修復を進めている。 クウェートやドバイからやってきて、アラビア随一といわれるマトラのスークを歩いて感じるのは「ああ、やっとアラブに来たのだなぁ」ということ。郊外には手付かずの大自然も残されている。近代国家としての道を歩みながらも、よきアラブの姿を守りつづけるオマーンに「魅力」を感じずにはいられない。
国名 オマーン国
通貨 通貨の単位はリヤル・オマーンRO(Riyal Oman)とバイザBzs(Baizas)。RO1=1000Bzs=307.27円(2007年3月現在)。 紙幣はRO50、RO20、RO10、RO5、RO1、RO1/2(500Bzs)、RO1/4(250Bzs)、200Bzs、100Bzsの9種類。コインは50Bzs、25Bzs、10Bzs、5Bzsの4種類が出回っている。 また、2005年末にはカブース国王即位35周年を記念して、新札も発行されている。
チップ 快いサービスを受けたときには心付けを。下記はあくまで目安。 【レストラン】店の格にもよるが、高級レストランでサービス料が含まれていない場合は10%程度。 【ホテル】300Bzs程度。ベルボーイやルームメイドにコインで渡すのはあまりよくない。 【タクシー】料金の端数を切り上げる程度。
税金 基本的に免税だが、ホテルの宿泊などには特別地方税がかかる。
気候 4〜10月が夏季。高温多湿なので体感温度はかなり高い。12〜2月が冬季で最も過ごしやすいシーズン。雨も少量だが降る。南部のドファール地方(サラーラなど)はモンスーン気候で、7〜9月は雨季に入る。
時差 日本との時差は5時間。オマーンが正午のとき、日本は17:00。サマータイムは実施されていない。
詳細情報 オマーン国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved