マリ共和国


<スポンサードリンク>
近年、マリ共和国を訪れている人が増えています。しかし、時間的制約のため、最近はマリ滞在7日間、実質6日間という人が多くなってきました。(日本を金曜日・夜もしくは土曜朝に発ち、バマコ土曜日着。金曜夜バマコ発、日曜日に日本着) マリは日本の3.3倍の面積を持ち、道路などのインフラも未整備な状態です。正味6日間は、移動距離の長いマリ共和国を旅するには十分ではありません。できれば2週間ゆっくり滞在したいところです。
国名 マリ共和国
通貨 FCFA セファーフラン
チップ 一般的にはチップの習慣はありませんが、サービスが良かったら笑顔100〜500FCFA位あげましょう。
税金
気候 マリ共和国の一年の気候はおおよそ6月から9月までの雨季と10月から5月までの乾季に分かれます。 しかし、 北にサハラ砂漠を抱えるマリでは北部と中部、南部ではかなり異なり、北部はほとんど雨が降りません。また同じ中部でも場所によって変わります。以下の文章は参考までに首都バマコの気候についてです。
時差
詳細情報 マリ共和国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved