ジンバブエ共和国


<スポンサードリンク>
どことなく不思議な響きの「ジンバブエ」とは、「石の家」という意味をもつ。グレート・ジンバブエ遺跡などに見られる巨大な石造建築をそう呼んでいたのだが、実際にこの地を旅すると、その名前を実感する。あちこちに見られる奇妙なバランスで積みあげられた岩々。丹念に作りあげられたなめらかな曲線の石の彫刻。グレート・ジンバブエ遺跡で発見された石像「ジンバブエ・バード」は、国旗やコインのデザインにもなり、国のシンボルとなっている。 この国は日本での知名度はまだ低いが、「ツーリスト・パラダイス」と呼ばれるにふさわしい観光資源を抱えている。世界に名だたるビクトリアの滝、南部アフリカいちの規模を誇るグレート・ジンバブエ遺跡、広大な野生保護区でのサファリ、高原のトレッキング、湖でのクルージング・・・。内陸国のため海こそないものの、そのおおいなる自然を、これでもかというほどに見せつけてくれる。実際、ここ数年でツーリストの数は飛躍的に増え、ヨーロッパや南アの人々にはかなりポピュラーな観光地として親しまれている。 しかしジンバブエの魅力は、大自然だけではない。気さくで親しみやすい人々や、伝統をくんだ独特の音楽や芸術。時間をかけて旅をする人のなかには、むしろこちらのほうに魅せられてしまう人も多いはず。白人色の強い南アフリカの大都会やガーデン・ルートなどでは感じにくい「ブラックアフリカ」の魅力を、存分に堪能してほしい。
国名 ジンバブエ共和国
通貨 通貨単位はジンバブエ・ドルZ$。Z$1=100Cents(センツ)。紙幣の種類=Z$2万、Z$1万、Z$5000、Z$1000、Z$500、Z$100、Z$50、Z$20、Z$10。
チップ タクシーの運転手や、中級以上のホテルやレストランでは、約10%のチップを出す。サービス料が請求書に加算されている場合は必要ない。
税金
気候 ザンビア、ボツワナ、南アフリカ共和国、モザンビークと国境を接している国土の大部分は、海抜900mから1700mの高原地帯で、真ん中を、カリバ湖とザンベジ川に注ぐ川が縦横に流れている。カリバ湖はザンビアと国境を接し、ビクトリアの滝とカリバ・ダムに続いている。東部は山脈によってモザンビークと分けられている。 高地にあるため亜熱帯地方のわりに過ごしやすく湿度も低い。5〜8月の冬季は雨も少なく平均気温が15〜20℃で観光のベストシーズン。11〜3月に雨季が訪れるが、東部の高地以外では雨量も少ない。夏の平均気温は25〜30℃で一番暑いのは10月。
時差 日本との時差は−7時間。南アフリカとの時差はない。
詳細情報 ジンバブエ共和国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved