ケニア共和国


<スポンサードリンク>

国名 ケニア共和国
通貨 通貨単位はケニア・シリング(Ksh)。1ケニア・シリング(Ksh)≒1.56円、US$1=約65.8Ksh(2008年3月)。 紙幣は1000sh、500sh、200sh、100sh、50sh。各金額にはケニヤッタ元大統領の顔が入っている(モイ前大統領の顔の入った各金額の紙幣もたまにある)。コインは20sh、10sh、5sh、1sh。空港や町の銀行で両替が可能。一部USドルが使用できる店がある。
チップ 英国植民地時代の名残からチップの習慣がある。高級レストランでは食事代の10%、ホテルのポーターは荷物1個につき50sh、サファリドライバーはUS$10〜15/日が一般的な相場。
税金 VAT16%が加算。税金払い戻し制度はない。
気候 赤道直下であるにもかかわらず、中部は平均気温10〜28℃というしのぎやすい気候である。沿岸部では5月にナイロビと比較して1.5倍ほどの雨が降る。沿岸部では晴れが多く、気温も15℃を下回ることは少ないが、ナイロビでは7〜8月は曇りがち、気温も10℃を下回ることがある。中部一帯は、標高1700m 前後の高原であるためだ。雨期は1年に2度あり、3〜5月が大雨期、11〜12月中旬が小雨期となっている。大雨期にはロッジやリゾートホテルなどには期間休業するところがある。 国内の西部に大地溝帯(グレート・リフト・バレー)が走り、中南部にはアフリカ第2の標高をもつケニア山がある。北部を中心にほとんど降雨のない砂漠地帯が総面積の大半を占める。
時差 GMT+3時間。日本より6時間遅れ。サマータイムは採用されていない。
詳細情報 ケニア共和国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved