エチオピア連邦民主共和国


<スポンサードリンク>

国名 エチオピア連邦民主共和国
通貨 通貨単位はエチオピアブル、セント(B、Cents)。1ブルは100セント。紙幣は100B、50B、10B、5B。コインは2B、1B、50C、25C、10C、5C、1C。1ブル(B)=約11.5円。US$1=約9.28B(2008年2月)。
チップ 一般的にチップの習慣はない。レストランなどは例外もある。料金に含まれていない場合は料金の約1割を目安に。
税金 ホテルやレストランで15%の税金がかかることがある。出国に際して税金払い戻し制度はない。
気候 地域により時期は異なるが中央部では乾期が10〜3月に、大雨期が6〜9月、小雨期が3〜5月にかけてある。東部から南部は海抜1000m以下だが、その他は海抜1500m以上で、平均気温は20〜25℃と高地のため涼しい。
時差 GMT+3時間。日本より6時間遅れ。 エチオピアではおもに独特の12時間制のエチオピア時間が使われている。エチオピア時間は、日本の感覚とは大きく異なる。 まず始めのサイクルは日の出(6:00)を時間の出発とし、7:00を「1:00」とする。「12:00」(日本でいう18:00)がこのサイクルの終わり。2番目のサイクルは18:00が「0:00」となってスタート、翌朝6:00の「12:00」に終わる。 バスの時刻を尋ねたりするときや待ち合わせをするときは、エチオピア時間なのかヨーロッパ時間なのかを必ず確認しよう。 サマータイムは採用されていない。
詳細情報 エチオピア連邦民主共和国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved