台湾


<スポンサードリンク>
異国なのだがどこか懐かしい感じのする国。かつて日本の植民地でありながら、限りなく日本に愛着と憧憬を持ち続けている人が多い。あたたかい気持ちと美味しい食べ物に出合い、トロピカルな自然とハイテク産業が同居し、漢民族文明と先住民族の文化に触れる島。さぁ、心あたたかい人々に会いに台湾へ旅立とう。
国名 台湾
通貨 台湾の通貨は台湾元(略称は元)。ニュータイワンドル(NTDollar/NT$/TWD)、圓(塊クァイと呼ぶ)と表記されることもある。2008年1月現在の為替レートは1元=約3.7円(表示額を4倍にすれば、日本円相当額と近くなる)。2005年7月20日から新しい500元札と1000元札が発行された。旧札は台湾銀行で新札と交換すること。
チップ 一般にチップの習慣はない。高級店での飲食やホテル宿泊費などにはあらかじめサービス料が付加されている。特別なサービスを受けたときや、無理を通してもらったときには気持ちで渡す(目安は簡単な食事ができる50元程度)。
税金 商品の価格には5%の営業税が含まれている。TRS加盟店に限り、同一店舗において1日に税込3000元以上の買い物をした場合は還付される。
気候 南北に細長い台湾本島は、中央を通る北回帰線を挟み、北が亜熱帯気候、南は熱帯気候に分けられる。台湾は、1年中温暖で、明確な四季はなく、長い夏と短い冬がある。 [春(3〜5月)]晴れの日は暑いくらいだが、朝晩は冷えることもある。 [夏(6〜9月)]台風シーズン。湿気も多くかなり暑い。しかし室内はエアコンを過剰に効かせていて寒いくらいである。薄い長袖の上着もあったほうがよい。 [秋(10〜11月)]朝晩は涼しく過ごしやすい。晴れた日の日中は暑いこともある。 [冬(12〜2月)]日本の春のようだが、寒波に襲われることがあり、セーターなどが必要なこともある。
時差 日本との時差は−1時間(グリニッジ標準時+8時間)。日本の正午12:00が台湾の午前11:00。サマータイムはない。
詳細情報 台湾のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved