エストニア共和国


<スポンサードリンク>

国名 エストニア共和国
通貨 通貨単位はKroon(クローン)。本サイトではEEKと表記。補助通貨はSent(セントゥ)で100Sentiが1EEK。 クローンの為替相場はユーロ(E)と固定されており、1E=15.65EEK。 紙幣は500EEK、100EEK、50EEK、25EEK、10EEK、5EEK、2EEK、硬貨は5EEK(稀)、1EEK、50Senti、20Senti、10Senti、5Senti(稀)が2007年3月現在流通している。
チップ 伝統としてチップの習慣はないので必ずしも置く必要はないが、観光化が進むにつれチップも受け入れられるようになってきている。地元の人では置く人、置かない人に分かれる。 一般に、カフェなどで食事をしたときには、料金プラス10EEK前後になるような端数のないお金を置いていくとスマート。レストランなどではE1相当額前後で充分と思われるが、もちろん気持ち次第で増やしても構わない。
税金
気候 四季はあるが、春と秋は短く、冬が比較的長い。また季節の変わり方が急激で、5月に入るといきなり夏のように暑くなったり、9月になったとたん急に寒くなるといったこともある。 夏は白夜の影響下に入り、夏至の前後は夜23:00頃まで太陽が沈まない。逆に冬は、16:00頃から暗くなっていく。 夏は比較的涼しく、空気も日本に比べれば乾燥しているので過ごしやすい。日中は海水浴ができるぐらい気温も上がり、Tシャツ1枚で過ごせるが、夜は冷えるので何か羽織るものが必要。防水のスポーツジャケットのようなものがあれば重宝する。また天候が変わりやすいので、できれば常に傘を持ち歩いていたい。 冬はバルト海の影響で、緯度のわりにそれほど厳しくはないが、それでも-20度ぐらいまで下がることもある。一般に最初の雪を見るのが12月。たいてい1〜3月までは積雪で覆われ、内陸部ではスキーも楽しめる。除雪の具合は悪いので、転倒などにも注意する必要がある。
時差 エストニアは東ヨーロッパ標準時間帯(GMT+2)に属している。 日本との時差は−7時間、日本が正午のとき、エストニアは明け方の5:00となる。毎年3月最終日曜の深夜2:00から10月最終日曜の深夜2:00までサマータイム(GMT+3)が実施され、その期間は日本との時差が−6時間となる。
詳細情報 エストニア共和国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved