ロシア連邦


<スポンサードリンク>
とにかく広い。地球の陸地の1/6を占め、東西で半周してしまう広大な国。それが隣国ロシアだ。20世紀初めまでのロマノフ王朝ロシア帝国が社会主義革命で倒れ、ソビエト連邦の時代が74年間続く。米ソ・東西という近代史の対極軸となった超大国だ。1990 年に一党独裁を終結、市場経済に移行、大統領制に変わった。連邦を構成していた各共和国は独立、CIS(独立国家共同体)を形成する。
国名 ロシア連邦
通貨 通貨単位はルーブル(本サイトではPと表記)。補助通貨はカペイカで、100カペイカが1ルーブル。2008年5月現在、US$1=23.71P。1P=4.3円。レートには変動がある。 紙幣は5000、1000、500、100、50、10ルーブル、硬貨は10、5、2、1ルーブルと50、10、5、1カペイカが2008年4月現在流通している。
チップ ソ連時代はチップの習慣はなかったが、現在は強制ではないものの、観光客がよく訪れるようなレストランではチップが期待されている。目安としては、庶民的なレストランでUS$1相当前後、高級レストランではヨーロッパの常識に準じた額を。
税金
気候 典型的な大陸性気候。国土の大部分は寒冷な気候で、短く冷涼な夏と、長く続く厳寒の冬が特徴。夏と冬の気温差は30〜75度に及ぶ。ヨーロッパ・ロシアの1〜2月の平均気温は−10度前後だが、シベリアでは−20〜−35度で、内陸部は−50度以下になるところもある。
時差 最西端の飛び地カリーニングラード州(GMT+2、日本との時差−7時間)から東端のチュコト半島(GMT+12、日本との時差+3時間)まで、国内が11の時間帯に分かれている。モスクワ、サンクトペテルブルクを含むヨーロッパ・ロシア地域のほとんどはGMT+3に属し、日本との時差は−6時間。 ※3月最終日曜から10月最終日曜まで、ロシアはサマータイムに入るので、この間は日本との時差が1時間縮まる(例:モスクワは−5時間)。
詳細情報 ロシア連邦のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved