ルクセンブルク大公国


<スポンサードリンク>
ベルギー、フランス、ドイツに囲まれた小国ルクセンブルクは、川沿いの深い渓谷と緑の森といった、豊かな自然に包まれている。川ではカヌーやキャンプを楽しむ人、木々の間をサイクリングする人など、のんびりとバカンスを過ごす人々の姿が印象的だ。また、城砦都市として世界遺産にも認定されている首都ルクセンブルクは、旧市街の歴史をとどめた町並みとは対照的に、一流銀行が軒を連ねる金融都市としても新しい活路を見い出そうとしている。
国名 ルクセンブルク大公国
通貨 通貨単位はユーロ。略号はE(EURO、EURとも略す)。補助通貨単位はセント(¢)。それぞれのフランス語読みは「ユーロ」と「サンティーム」。独自デザインの硬貨の裏面はルクセンブルク大公アンリの横顔。紙幣はE500、E200、E100、E50、E20、E10、E5。硬貨はE2、E1、50¢、 20¢、10¢、5¢、2¢、1¢。
チップ 料金にサービス料と税金が含まれているので、基本的には不要。
税金
気候 4〜5月は気候が変わりやすい。6〜8月は乾燥していて過ごしやすく、紅葉が美しい秋には曇りの日も多くなる。冬の寒さはそれほど厳しくない。また、1年を通じて少量の降雨があるのでアノラックや雨具を携帯したい。比較的ベルギーの気候に近い。
時差 日本との時差は8時間。日本の8:00のとき、ルクセンブルクは当日深夜0:00。サマータイム期間(3月最終日曜から10月最終日曜)は7時間。
詳細情報 ルクセンブルク大公国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved