マルタ共和国


<スポンサードリンク>
イタリアとアフリカ大陸に挟まれ、「地中海のヘソ」と呼ばれるマルタ。先史時代に築かれた謎の多い巨石神殿がそこかしこに点在し、ロマンを誘う。この長い歴史から「地中海のゆりかご」とも称される。しかし、その好立地ゆえに数多くの民族の侵略を受け、「抵抗の歴史」もマルタそのものだ。そして、戦いに果敢に挑み、マルタの町の基礎を築いた「聖ヨハネ(マルタ)騎士団」を語らずに、この国を語ることはできない。
国名 マルタ共和国
通貨 2008年1月1日よりEU単一通貨ユーロに移行。通貨単位はユーロE(euro)とセント¢。 E1=¢100、E1=163.02円(2008年2月現在)。1LM=E2.3137(固定)で換算。 2008 年1月31日までの1カ月間でマルタリラ、ユーロの併用期間は終了。2008年2月1日よりユーロのみの通用となる。手元にマルタリラがある場合は、 2008年3月までは市内の各銀行で両替できる。それ以降は、ヴァレッタの中央銀行Central Bank of Maltaで両替が可能。紙幣はイタリアなどEU各国と同様に、E500、E200、E100、E50、E20、E10、E5。硬貨は¢50、¢20、¢ 10、¢5、¢2、¢1。硬貨の裏面には、マルタ十字、イムナイドラ神殿などマルタ独自の紋様が刻まれている。
チップ
税金
気候 温暖で雨が少ない。日本の気候よりも乾燥していて、夏はやや暑く、冬は温暖。夏冬問わず、日本よりやや薄着で充分だが、秋にアフリカ大陸から吹くシロッコをはじめ強風が吹くことがあるので、秋冬はウインドブレーカーなどの風対策の服装も必要だ。夏季は太陽が照りつけ夏枯れの様相だ。11〜3月は雨期で雨具が必要。一番にぎわう観光シーズンは6〜8月、泳げるのは5〜10月。
時差 サマータイムは3月の最終日曜日から10月最終日曜日までで、日本との時差は7時間。 冬時間では時差8時間。冬時間のマルタ正午が日本の20:00。
詳細情報 マルタ共和国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved