フィンランド共和国


<スポンサードリンク>
スカンジナビア半島の内側、バルト海の一番奥に位置する、日本から最も近いヨーロッパの国。童話のムーミン、そしてサンタクロースの故郷として知られている。フィンランド人は自分たちの国や民族のことをスミオSumioと呼ぶが、その語源は湖、池を意味するスオSuoだといわれる。その名のとおり、国土の8割が森林と18万を数える湖沼などの自然からなる。北極圏にあたる北部は、冬にオーロラが見られるリゾート地が点在している。
国名 フィンランド共和国
通貨 通貨単位はユーロ。略号はE(EURO、EURとも略す)。補助通貨単位はセント(¢)。E1=100CENT。紙幣はE500、E200、E100、E50、E20、E10、E5。硬貨はE2、E1、50¢、20¢、10¢、5¢、2¢、1¢。
チップ 料金にサービス料が含まれている場合がほとんどのため、チップの習慣はない。クロークなどを利用する際はE1ぐらいをチップとして渡す。
税金 フィンランドでは、ほとんどの商品に22%の付加価値税(VAT)が課せられているが、EU加盟国以外の国に居住している旅行者が、「TAX FREE」と表示のある店で1回につきE40以上の買い物をした場合、所定の手続きをすれば商品にかけられている付加価値税の6.6〜16%が払い戻しになる。買い物の際、「TAX FREE」の表示のある店でE40以上の買い物をしたら、旅行者である旨を申し出て、所定の書類(リファンドチェック)を作成してもらう。作成の際、身分の確認とパスポート番号が必要となるので、必ずパスポートを携帯しておくこと。また、免税扱いで購入した商品は、フィンランドまたはEU最終国出国まで開封してはいけないので、注意。出国の際、フィンランドから直接日本へ帰国する場合やEU加盟国以外の国へ出国する場合は、フィンランド出国時に払い戻しを受け取るための手続きを行う。
気候 スカンジナビア半島の内側、バルト海の一番奥に位置する。東にロシア、西にスウェーデン、北はノルウェーと国境を接し、フィンランド湾を挟んだ南にはエストニアがある。北緯60度から70度にわたり南北に細長く、国土の3分の1は北極圏内に位置しており、アイスランドに次いで世界最北の国となる。国土の65%が森、10%が湖沼と河川、8%が耕作地という自然の宝庫。山が少なく平坦で、最高峰でも標高が1300mくらいしかない。ほかの北欧諸国同様、沿岸を流れるメキシコ湾流のおかげで、緯度のわりには穏やかな気候。四季も比較的はっきりと分かれている。北極圏以北のラップランド地方では、夏には太陽の沈まない白夜になり、また冬には太陽がまったく昇らなくなる。
時差 日本との時差は−7時間。グリニッジ標準時(GMT)より2時間。中央ヨーロッパ時間(CET)よりも1 時間早い。サマータイムは、3月最終日曜から10月最終の日曜まで。1時間早い時間となり時差は−6時間になる。ほかの北欧3国との間にも1時間の時差があるので、フィンランドから移動する際は注意が必要だ。
詳細情報 フィンランド共和国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved