スリランカ民主社会主義共和国


<スポンサードリンク>
その国は、「光り輝く島」という意味の名前を持つ。北海道の約8割という決して大きくはない国土の中に、自然、民族、文化が驚くほどの多様性を備えて混在し、それぞれがこの国を特徴付ける輝きを放っている。 かつての国名「セイロン」の名を冠し、目が覚めるような香りと芳醇な味わいの紅茶。その紅茶を産み出す清涼な気候と見ごたえある眺望に恵まれた高原地帯。色鮮やかな魚が戯れ、黄金色の砂浜がまぶしく光る群青の海。豊富な種類の鳥と動物が生命を謳歌する深き緑。静寂がいにしえの栄華を想起し心を躍らせ、ときに落ち着かせる遺跡群。シバの女王からダイアナ妃まで、愛する人の心を射止める宝石。そして、どこまでもあたたかい人々のもてなし。そのすべてが世界中にこの国に素晴らしさを明確に伝えるものだ。 名もなき田舎道をふらりと歩いてみれば、笑顔と共に行き交う人々と交わす挨拶や、牛がのんびりと草を食む田園風景に不思議な懐かしさを感じることだろう。それが自然と共に生きてきたこの国の人々の営みであり、旅人たちの遠い記憶の底に埋もれる原風景だ。 その稀有な自然の豊かさから「インド洋の真珠」とも、またその重ねた歴史の悲しさから「インド洋の涙」とも呼ばれ、広大な「空」、悠久の「時」、心優しき「人」というすべての「間」が、無垢な思いによって結ばれる島。その名を―スリランカという。
国名 スリランカ民主社会主義共和国
通貨 通貨単位はスリランカ・ルピー。一般に1ルピーに関してはRe.、それ以外はRs.と略すが、本サイトではすべてRs.で表記。また、補助単位はスリランカ・セントで、Cts.(1セントに関してはCt.)と略すが、現在ではあまりこの単位を使用することはなく、一般にCts.50ならRs.0.5と表記されることが多い。Rs.1=Cts.100。 紙幣の種類はRs.2000、1000、500、200、100、50、20、10、5、2(Rs.5と2はほとんど流通していない)。 貨幣の種類はRs.10、5、2、1、Cts.50、25、10、5、2、1(Cts.50以下はほとんど流通していない)。
チップ 【レストラン】10%のサービス料が含まれていることがほとんどなので払う必要はないが、気持ちのよいサービスを受けたときには、ウエーターにRs.20〜50程度のチップを渡してもいいだろう。要は「ありがとう」という気持ちだ。 【ホテル】目安としては、リゾートホテルのポーターにはRs.20〜50くらい。 【タクシー】ドライバーにRs.50〜100くらい。 【その他】ガイドにはRs.50〜100くらい。
税金 一部のホテルやレストランを利用した場合、付加価値税(VAT)15%とサービスチャージ(SC)10%が上乗せされる。これに加え、観光税(TDL)などが上乗せされる場合もある。
気候 スリランカの気候は雨季と乾季に分かれる。気温は年間を通して2〜3度の差で、あまり変化がなく過ごしやすい。しかし、地形による気候の差は顕著で、海岸部や低地は暑いが、高地では1年中春のような気候だ。
時差 日本との時差は−3時間30分。つまり、日本が正午のとき、スリランカは午前8:30。グリニッジ標準時に対しては+5時間30分。
詳細情報 スリランカ民主社会主義共和国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved