オランダ王国


<スポンサードリンク>
飛行機からオランダを見下ろすと、縦横に走る運河や川、そして湖水地帯が目に付く。水が豊富な国なのだ。ちなみにオランダの国土の4分1は海抜0m以下。オランダの国名ネーデルランドは“低い土地”という意味だ。オランダを旅していると、道路より高い所に運河がある場面によく出くわす。自動車より高い所を船が行く風景が見られるのはこの国だけだろう。水のある景色といえば一見のどかな田園を思い出させるが、実はオランダはこの水で長年苦労してきた国である。 オランダの歴史は、水という自然の脅威に対する闘いの歴史だ、といっても過言ではない。今ではオランダのシンボルの風車も、もともとは湧き出る水を揚水する目的で造られたものだ。揚水された水は堤防で囲まれ、湖となった。自分の腕で堤防の穴をふさぎ村を救った少年のお話、子供の頃本で読んだことのある人もいるだろう。 「世界は神が造り、オランダはオランダ人が造った」とよくいわれるが、この言葉は、低地国オランダを水と闘いながら築いてきたオランダ人のねばり強さを表している。 一方、その水を利用してきたオランダ人の知恵が、国の繁栄に貢献してきた面も忘れてはならない。世界最大の港ロッテルダムや、ヨーロッパ各国にネットワークを広げている河川輸送がその例だ。こうして昔から貿易によって世界に窓が開かれていたオランダでは、自由と寛容の精神がつちかわれていった。 現在私たちがこの国を旅するとき、あちこちで出会う人々の親切や、ふと感じる居心地のよさは、こういった精神と無関係ではない。旅行者をあたたかく迎えてくれるオランダ人のホスピタリティは、歴史のなかで育まれてきたものなのだ。 水という自然の脅威と闘いそれを克服したオランダ人は、今では自然と調和しながら暮らしている。どこまでも続く平らな道をサイクリングする人、運河で釣りをする人、湖でヨットなどのウォータースポーツを楽しむ人。ゆったりと生活を楽しんでいる人々の姿は、私たち自身の暮らしを見つめ直すよい機会となるに違いない。そして、素朴で人情味があり、ちょっと頑固だけど人のよいオランダ人たちに出会えることが、オランダを旅する一番の魅力だ。
国名 オランダ王国
通貨 通貨単位はユーロ。略号はE(EURO、EURとも略す)。補助通貨単位はセント(¢)。それぞれのオランダ語読みは「ユーロ」と「セント」となる。独自デザインの硬貨の裏面はベアトリックス女王の横顔。紙幣はE500、E200、E100、E50、 E20、E10、E5。硬貨はE2、E1、50¢、20¢、10¢、5¢、2¢、1¢。※1セントや2セント硬貨は、ほとんどの小売店で使用中止。現金で買い物をした場合、合計金額のセントの一桁部分を2捨3入、7捨8入される。例えば、E9.98の場合E10、E9.97の場合E9.95の支払いとなる。ただし、1セントや2セント硬貨での支払いが拒否されることはない。
チップ ホテルやレストランなどの料金にサービス料がどれくらいかかっているかによるが、直接サービスを受けた相手にはチップを渡すのが一般的。以下は目安。ホテル、レストランの格によって変化する。 【レストラン】店の格にもよるが、一般的にサービス料が請求されないときに10〜15%程度。クレジットカードでの支払いでは、伝票の合計額にチップ相当額を自分で書き足して支払う。 【ホテル】ベルボーイやルームサービスに対し、1回につきE0.25〜0.50程度。 【タクシー】料金の10〜15%程度。 【トイレ】料金が表示されている所もある。サービス係がいて指定がない場合はE0.25〜0.50程度。 【ガイドツアー】現地発着のツアーでは、最後にガイドツアーへお礼程度のチップを渡す人も多い。
税金 ほとんどの商品にBTWと呼ばれる付加価値税が19%かかっている。ただし、EU滞在が3カ月未満の旅行者は手続きをすればこの税金は、手数料などを引かれて戻ってくる(還付は1日あたりE50以上の買い物をして使用せずに持ち出す場合のみ)。ホテルや飲食など、現地で受けたサービスについては還付されない。
気候 オランダの観光シーズンでもある花の時期(4〜5月)は気候が変わりやすいので、薄手のセーターを用意していったほうがいいだろう。夏、6〜8月はカラッと乾燥していて過ごしやすい。9月からはどんよりとした曇りの日が多くなり、霧雨が降り、強風が吹く日がある。北海道よりも北にあるが冬の寒さはそれほどではない。また、1年を通じて少量の降雨があるので、アノラックや雨具を携帯するといいだろう。
時差 日本との時差は8時間。日本の8:00がオランダの当日深夜0:00。サマータイム時(3月最終日曜から10月最終日曜)は7時間。
詳細情報 オランダ王国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved