フィジー諸島共和国


<スポンサードリンク>
330もの島からなり、陸地面積は四国とほぼ同じ南太平洋を代表するリゾート地。フィジアンの底抜けに明るく人なつこい性格に魅せられ、何度も足を運ぶリピーターも多い。青く透き通る珊瑚礁の海、競うように咲き乱れる花々、夜ともなれば降るように星が満天に輝く島々では、これぞリゾートライフという滞在を満喫させてくれる。
国名 フィジー諸島共和国
通貨 通貨単位はフィジー・ドル(F$)。補助単位はフィジー・セント(F¢)で、100フィジー・セントが1フィジー・ドル。紙幣はF$50、F$20、F$10、F$5、F$2の5種類。硬貨はF$1、F¢50、F¢20、F¢10、F¢5、F¢2、F¢1の7種類。
チップ チップの習慣はないが、特別のサービスを受けた場合は感謝の気持ちとして渡してもかまわない。
税金 付加価値税12.5%がかかる。料金のなかに含まれている場合が多い。
気候 年間をとおして気候に恵まれており、雨期(12〜4月)と乾期(5〜11月)の区別はあるものの、極端に雨が多くなることはない。ただしナンディなどビチレブ島西部に比べると、スバを含む南東部は比較的雨が多いといえる。
時差 日本より3時間早い。日本が昼12:00のとき、フィジーは15:00。サマータイムは実施されていない。
詳細情報 フィジー諸島共和国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved