パプアニューギニア


<スポンサードリンク>
人と自然が共に生きる「地球最後の楽園」 日本から南へ飛行機で6時間20分、パプアニューギニアは、世界で2番目に大きなニューギニア島の東半分を含む約600の島々からなり、日本の約1.2倍の広さをもっています。また本島の中央には4000m級の山脈が東西に連なるダイナミックな地形をもつ国です。
国名 パプアニューギニア
通貨 キナ及びトヤ(100分の1キナ)
チップ
税金
気候 気候は熱帯モンスーン気候で、雨季(11月〜4月)と乾季(5月〜10月)に大別できます。 年平均気温は、沿岸部で昼35℃〜夜24℃、高地部では昼28℃〜14℃。 雨は雨季・乾季に分かれているにもかかわらず、地域によって雨の時期がずれています。 また年間降雨量も地域によって1200〜9000mmと極端に差があります。 しかしパプアニューギニアは、1年を通じて、蒸し暑さはあまり感じず、夜も気温が下がるので快適にお休みいただけます。
時差 日本との時差はプラス1時間です。
詳細情報 パプアニューギニアのツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved