メキシコ合衆国


<スポンサードリンク>
マヤやアステカなどの大遺跡をはじめ、瀟酒なコロニアル都市など歴史的な見どころいっぱいのメキシコ。土着の先住民文化とスペイン文化が複雑にからみあっているので、各地のお祭りや市場では独自の民族色が楽しめる。また、近年日本人旅行者に注目されているのが、カンクンやロスカボスなどのビーチリゾート。純白のビーチと青い海が広がるエリアに高級ホテルが立ち並び、アクティビティやグルメも思う存分に大満喫。太陽の国でのバカンスは陽気な楽しみに満ちている。
国名 メキシコ合衆国
通貨 通貨単位はペソPeso。一般にN$と表記される。ペソの補助単位がセンタボCentavo。N$1=100Centavo。メキシコのインフレ率は毎年5〜10%程度。カンクンやロスカボスなどのリゾートエリアでは米ドルの流通度も高い。 紙幣は10、20、50、100、200、500。流通している硬貨はペソが1、2、5、10、20、100、センタボが10、20、50。
チップ チップの習慣がしっかりと根づいている。特にレストランやアクティビティ施設などのスタッフには、基本的なマナーとして忘れずに渡すこと。あまり少ない金額だと受け取る側に不快感を与えるので注意。 【レストラン】料金の10%から15%が目安。 【ホテル】ポーターに荷物を運んでもらったり、ルームサービスを頼んだ場合にはUS$1程度。 【タクシー】基本的には必要ないが、キリのよい金額に切り上げて支払うとよい。 【その他】ツアーやアクティビティでは、ツアーガイドやダイビングガイドなどにはUS$5程度。
税金 日本の消費税に相当する付加価値税(IVA)があり、通常は内税として15%(カンクン、ロスカボスなどのIVAは10%)が課税されている。また宿泊には、別途2%の宿泊税(ISH)を徴収されるケースもある。
気候 メキシコは北半球にあるので、暑い時期、寒い時期とも日本と同じ。6〜9月が雨季となり、10〜5月が乾季となる。メキシコ・シティなどの高地や、ロスカボスなど砂漠に囲まれたエリアは昼と夜の寒暖差が激しいので注意。
時差 メキシコには3つの時間帯がある。主要部分を占めるのは、中部標準時(CST)で、ほかに使われている時間が例外だと思えばいい。日本との時差は15時間遅れ。カンクンやメキシコ・シティの正午は、日本の翌日の午前3:00になる。 南バハ・カリフォルニア州、ナジャリ州、ソノラ州、シナロア州などの北部で使われている山岳標準時(MST)では、日本との時差は16時間。 ティファナなど北バハ・カリフォルニア州で使われている太平洋標準時(PST)では、日本との時差は17時間。この時差を計算に入れておかないと、飛行機、バス、船、列車を逃したりする原因になるので注意。 また、4月の第1日曜〜10月の最終日曜までは、サマータイムがメキシコ全土で実施されている。この期間のカンクンやメキシコ・シティの日本との時差は14時間遅れとなる。
詳細情報 メキシコ合衆国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved