カナダ


<スポンサードリンク>
カナダといえば、ロッキー、ナイアガラ、メープル街道、プリンス・エドワード島が人気だが、広大なカナダには土地ごとに四季折々の魅力があふれている。自然とアウトドア派にはウィスラーでのスキーと夏のアクティビティ、バンクーバー島でのホエール・ウォッチング、イエローナイフのオーロラ観測、都会派にはバンクーバー、ビクトリア、トロント、モントリオールといった街々でのグルメ・ショッピング・エンターテインメントの楽しみが待っている。
国名 カナダ
通貨 通貨はカナダドルCanadian Dollar、略号は$(CAD)。US$と区別するためC$と記されているところもある。また、補助通貨としてセント¢(Cent)がある。$1=¢ 100。紙幣は$5、10、20、50、100、500、1000の7種類あるが$500と$1000はあまり市場に出回っていない。コインは¢1、5、 10、25(クオーター)、50、$1(ルーニー)、$2の7種類。
チップ チップの習慣はある。レストランでの精算時やタクシーを降りるときなど、チップを渡すのを忘れないようにしよう。
税金 カナダでは物品購入、宿泊などに対し、連邦消費税(GST)と州税が課される。GSTは一律6%、州税は各州によって課税対象や税率が異なる。またノヴァ・スコシア、ニュー・ブランズウィック、ニューファンドランド&ラブラドルの3州では、上記のかわりにハーモナイズド・セールス税(HST)14%のみが適用される。これまで海外からの旅行者は、GSTとHST、オンタリオ州税(RST)の一部をカナダ歳入庁や民間の代行会社で還付申請することができたが、2007年4月1日よりこのサービスは停止となった。ただし、2007年3月31日までに購入した物品などは輸出日10カ月以内であれば還付対象となる。 申請の条件はレシート1枚の税抜き金額が$50以上で、そのレシートを足した合計(税抜き)が$200以上であること。オンタリオ州税の還付条件は1枚のレシートが$625以上であること。ただし対象となるのは消耗品を除く物品税のみ。
気候 広大な国土のため、気候地域はいくつかに分けることができる。バンクーバーやビクトリアなどの太平洋沿岸は降水量が多く、豊かな雨林が広がっている。バンフなどのカナディアン・ロッキーは寒さが厳しく、夏でも天気が崩れれば上着は欠かせない。カナディアン・ロッキー以東のカルガリーやエドモントンなど平原地帯では寒暖の差が激しい。五大湖一帯は四季がはっきりと分かれており、それより東では夏は涼しく、冬は比較的温暖。北極圏の極北地方は1年中寒さが厳しい。
時差 カナダは6つの時間帯に分かれている。最南端のニューファンドランド標準時間と最西端の太平洋標準時間との時差は4時間30分。ニューファンドランド標準時間はグリニッチ標準時間(GMT)より3時間30分遅い。東から西へ行くにしたがって1時間ずつ遅くなる(日本との時差は大きくなる)。長距離移動時に出発地と到着地で時間帯が変わる場合があるので注意すること。 サマータイム実施の時期は、3月の第2日曜日から11月の第1日曜日まで。この時期は時計の針を1時間進める。なお、サスカチュワン州はサマータイムを採用していない。
詳細情報 カナダのツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved