中華人民共和国


<スポンサードリンク>
長い歴史と広大な土地をもつ中国。日本がもっとも古くからつながりをもつ国だ。中国を代表する大都市北京、上海は近代化の波にのり毎日違った顔を見せてくれる。西安、広州、桂林など魅力的な都市は中国全土に広がる。偉大なる歴史的文化遺産、美麗な景色、なにをとってもそのスケールの大きさに驚かされる。またどこへ行ってもおいしい本場中国の味に舌鼓を打つことだろう。東西南北、中国への興味は尽きることがない。
国名 中華人民共和国
通貨 通貨単位は人民元(Renminbi、略号はRMB。中国語では、元=ユエン、口語はクァイ)。補助通貨単位は角(角=ジァオ、口語では毛=マオ)と分(分=フェン)。1元=10角=100分≒16円(2008年1月現在)。ただし、「分」が使われることは少なくなっている。2008年1月現在、紙幣が計23 種類、硬貨が10種類流通している。
チップ 中国にはチップの習慣はないので基本的には不要。また、中級、高級ホテルではサービス料が加算されるところが多く、そういった場合は不要。
税金 ホテルに宿泊する際にさまざまな税金がかけられる。ホテルではサービス税、さらに城市建設税などいろんな名目がある。また、外国人観光客への税金還付制度などはない。
気候 日本の約26倍の国土をもつ中国は、気候も寒帯から亜熱帯まで存在している。 また、エリアによっては高低の差によって気候が異なるので注意が必要。旅行先や旅行の時期に応じて旅の準備を進めよう。
時差 日本との時差は−1時間(日本の12:00が北京の11:00)。エリアによる時差やサマータイムはないが、新疆エリアには非公式の新疆時間がある。標準時間(北京時間ともいう)11:00のとき、ウルムチでは9:00。また、チベットエリアは北京時間で動いているが、北京から離れているため、夏場のラサの日没は21:00過ぎとなる。
詳細情報 中華人民共和国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved