ラオス人民民主共和国


<スポンサードリンク>
アジア最後の桃源郷。ラオスのことをそう評した人がいる。20年近く鎖国のような状態が続いたこの国が、外国人観光客を本格的に受け入れてまだ約10年。その分、ラオスに対する旅行者の憧憬は強いようだ。そして、実際に足を踏み入れた旅人からは、一様にラオスに対する賛辞を聞くことができる。ビエンチャンではメコン川に落ちる夕陽にビールのグラスを傾け、ルアンパバーンでは荘厳な仏教建築に打ちのめされる。そして、ラオスの人々の暖かいホスピタリティ。こういったすべての要素が、ラオスの熱烈なるファンを作り続けているのであろう。
国名 ラオス人民民主共和国
通貨 通貨単位はキープ(kip)。使用されているのは紙幣のみ。
チップ 基本的に不要だが、高級レストランでは心付け程度あげてもよい。
税金 物品税は、自動車などの高級品のみに課されている。
気候 一般的に、ラオスの季節は暑季(3〜5月)、雨季(6〜10月)、乾季(11〜2月)の3つに分けられる。1年を通じて熱帯モンスーン気候だが、北部の山岳地帯は乾季には気温がかなり下がる。
時差 日本との時差は−2時間、日本が正午のとき、ラオスは10:00。サマータイムは実施されていない。
詳細情報 ラオス人民民主共和国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved