フィリピン共和国


<スポンサードリンク>
太平洋に浮かぶ7000を越える島々。輝く太陽の下であふれる緑、咲き乱れる花々、そして青いサンゴ礁。 ここは強烈な原色の世界が広がっている。アジア特有の混沌に包まれた大都市マニラ、ホスピタリティあふれる心地よいビーチリゾート、無垢な大自然と素朴な暮らしが魅力の島々。その表情は驚くほどにバラエティー豊か。どこでも変わらぬ明るい笑顔が旅人をやさしく迎えいれてくれる国、それがフィリピンだ。
国名 フィリピン共和国
通貨 通貨単位はフィリピン・ペソ(P)とセンタボ(¢)。P1=100¢。 紙幣の種類:P1000、P500、P200、P100、P50、P20、P10、P5(P200、P10、P5はあまり見られない)。 硬貨の種類:P10、P5、P1、¢25、¢10、¢5の6種類。
チップ 空港やホテルのポーターには荷物1個につきP10〜20、レストランで伝票にサービス料が含まれていない場合は請求額の10%程度が基本。
税金
気候 熱帯性気候。年間を通じて暖かく、年平均気温は26〜27℃。6〜11月が雨期、12〜5月が乾期と一応分かれているが、地域によってかなり差がある。服装については、年間を通じて日本の夏の服装でOK。ただし、機内、ホテル、デパートなどでは冷房が効いていることがあるので、上に羽織るものが必要。日差しが強いので、サングラスや帽子もあると便利。
時差 日本との時差は−1時間。日本が12:00のとき、フィリピンは11:00。
詳細情報 フィリピン共和国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved