インドネシア


<スポンサードリンク>
世界中の旅行者から愛される「最後の楽園バリ島」をはじめ、ボロブドゥールやプランバナン遺跡で有名なジャワ島、ダイバーに人気のスラウェシ島など多彩な魅力があふれるインドネシア。1万数千の島々からなるこの国では、宗教、風習、芸能なども各々が個性的。また風土や自然環境も地域性が強く、様々な動植物に出会えるエコツアーも近年注目されている。
国名 インドネシア共和国
通貨 通貨単位はルピア。一般にRp.と表記される。 Rp.100≒1.3円(2007年10月現在)。
チップ 基本的には不要。
税金 中級以上のほとんどのホテルで税金(5〜11%)とサービス料(5〜10%)が宿泊料に加算される。旅行者がよく利用する高級レストランやエステサロンでも、料金にサービス料を加算する場合が多い。
気候 インドネシアは赤道直下の熱帯性気候のため、乾季と雨季のふたつの季節がある。おおむね5〜10月が乾季で、11〜4月が雨季となる。乾季は湿度があまり高くならずに過ごしやすい。雨季は午後になるとスコールのような大雨が降り、湿度も高くなる。
時差 インドネシアには西部(ジャワ島、スマトラ島、カリマンタン西中部)、中央部(バリ島、ヌサ・トゥンガラ諸島、スラウェシ島、カリマンタン東南部)、東部(パプア)と時間帯が3つある。サマータイムは実施していない。首都ジャカルタは日本より2時間遅れ(GMT+7)で、バリ島は日本より1時間遅れ(GMT+8)となる。
詳細情報 インドネシア共和国のツアー検索&予約

スポンサードリンク



海外旅行の準備について〜

1.旅行会社
旅行の際にお世話になる旅行会社。その基礎知識を知り、利用法について 考えてみよう。
1.旅のスタイルと旅行会社について
2.旅行会社の種類
3.旅行会社を上手に利用しよう
4.知っておきたい「ボンド保証制度」



2.航空券情報
海外旅行に欠かせない航空券について知識を深めよう。
1.航空券の基礎知識
2.マイレージシステム活用法
3.エアラインプロフィール



3.ホテルについて
自分の旅のスタイルに合った宿をチョイスしよう。
1.ホテルの種類
2.ホテルの予約方法



4.鉄道パス
人気が高い海外鉄道の旅。外国人旅行者の特権である鉄道パスを使って旅しよう。
1.鉄道パスの基礎知識
2.ユーレイルパスの賢い使い方



5.バスのパス
アメリカやオーストラリアを周遊するなら低予算の旅が実現できるバスがいい。
1周遊券を使ってバスの旅
2海外でドライブを楽しもう



6.海外でドライブを楽しもう
レンタカーなら時間に拘束されることなく旅が楽しめる。
1.レンタカーの基礎知識
2海外ロードサービス



7.エンターテインメント
本場で楽しむエンターテインメントは旅の醍醐味。イベント情報入手法とチケットの手配は抜かりなく。

カテゴリー

Copyright © 2008 ハワイ、グアム、韓国!etc...JTBで行く海外旅行、ツアーの検索.com. All rights reserved